レポート

ロードアートおはなばたけ

2019.07

チョークをつかって
道路の上に好きなおはなを描いてみよう。
みんなでおはなばたけをつくって、
いつものまちをちがう景色にかえてみよう。
さいごは水できれいに洗い流してしまう
ひとときだけのロードアート!

2019年7月27日(土)、南一条通(札幌市中央区南1条西3丁目)で『ロードアートおはなばたけ』を開催!たくさんのこどもたちが、いろんなおはなをチョークで描きました。

こどもたちの約2時間のがんばりで、どうろの上がおはなばたけに。大通のまちの真ん中が、文字通りはなやかな風景にへんしん!

 

制作のあいだには、おやつでひと休憩。
去年につづいて、今年も『たべるとくらしの研究所』の安斎伸也さんがモバイルアース・オーブンで駆けつけてくれました。参加のこどもたちへ、安斎さんから「お手製塩キャラポッキー」のプレゼントが!

こどもたちを見守るお母さん・お父さんたちには「特製酵素レモネード」も用意してくれました。

 

ロードアートの締めは道路のおそうじ。真夏のおたのしみ!水で自分も道路もきれいさっぱり洗い流しました。

 

たったひとりじゃできないのがこういったイベントづくり。 ふだんのプログラムとはまたちがう体験をしてほしいと、トルネードの小学校高学年〜中高生のこどもたちをスタッフとして募集していました。当日、会場で白地におはなばたけのTシャツユニフォームを着ていたのが、こどもスタッフたち。

会場設営・撤収から、参加者の案内、プレゼントの受け渡し、清掃の仕上げまで!ロードアート運営の主力スタッフとして、1日中大活躍。


ふだん、自分のちからで作品をつくりあげる経験をしているトルネードのこどもたちは、現場のどんな仕事も、楽しんでできるたくましさがある!やり直しのきかないこんな環境は、すごく刺激になったはず。参加したこどもたちの今後の成長も楽しみです。

 


参加のこどもたち、見守っていただいたお父さんお母さん、スタッフのこどもたち、ご協力いただいたおとなの方々。いろんなちからが集まって、今年も無事に開催することができました!

 

Special Thanx!
ロードアートおはなばたけ 運営スタッフ

OBS:
そうた

小学生チーム:
あかり/がく/さと/しんのすけ/なな
ななう/はな/ひな/みずき/もも

中高生チーム:
あゆむ/いろり/かおり/かほ/けんた/こたろう/しんたろう

企画/アートスクール・トルネード
企画協力/たべるとくらしの研究所
主催:TOWN PICNIC実行委員会
   ▶Facebookページ
後援:札幌市・札幌市教育委員会