レポート

春のにわであそぼう

2019.04

2019年4月30日(火・祝)。札幌ではちょうど桜やたんぽぽが花開く時期。外の空気が気持ちいい!庭ビルの駐車場を会場に、イベント『春のにわであそぼう』を開催しました。

会場: ▶庭ビル

ロングライフデザインの日用品、インテリア、雑貨をとり扱う「D&DEPARTMENT HOKKAIDO by 3KG」、絵本や幅広いこどものおもちゃを取り扱う「ろばのこ」というお店が入った建物です。
札幌市中央区大通西17丁目1-7 ▶GoogleMap

 

つくる


マイ・どぐうをつくろう
じょうもん時代のどぐうに、現代の親子がチャレンジ!いろんな顔や形のバリエーションがあるどぐうを参考に、どんな表情にしようかイメージしよう。

粘土の板をベースに、お好みのかたちに切り抜いたら、顔やもようを施して仕上げました。

粘土の扱いは、簡単なようでちょっとコツがいります。でもその分、それぞれのこだわりがそのまま形になるのがおもしろいところ。

立派なマイ・どぐうになりますように!

 

たべる


モバイルアース・オーブンが
やってくる

もと消防車を改造し、手作りのピザ窯を積んだ、安斎伸也さんの『モバイルアース・オーブン』が登場!

たべるとくらしの研究所(通称たべ研)の安斎伸也さんは、たべ研のお名前の通り、食べること・暮らすことについての研究を実際の生活で実践されています。モバイルアース・オーブンは伸也さんのアート作品のひとつ。赤い姿はまさに消防車、中は消防とは真逆の薪オーブン仕様。何度見てもかっこいい!

今回用意していただいたピザ生地は安斎家仕込みの天然酵母が入った本格仕様。さらに安斎明子さんお手製の酵素シロップを使ったレモネードも!

風はまだ少し冷たかったけど、その分ピザ&ドリンクのあたたかさがたまらなく嬉しい時間となりました。

 

マイ・どぐうのしあげ(焼成)

 

『マイ・どぐうをつくろう』実施後、5月5日(日)に、安斎さんのモバイルアース・オーブンでみなさんの作品を焼成させていただきました。薪の火を調整しながら、目で様子を確かめながら焼き上げています。熱を加えることで、粘土が焼き締まってぐっと丈夫になるんです。

乾燥・焼成中に一部割れが出た作品もありますが、トルネードでできる限り補修した状態でお渡しする予定です。欠片がどこについていたのか、パズルみたいに組み合わせる作業は、なんだか遺跡の修復をしているような面白さが。
作品がお手元に届いた後に割れてしまっても、木工用ボンドで接着することができます。