レポート

へいラッシャイ!

2018.03

教室に来てみたら、あれれ?トルネードがお寿司屋さんになっちゃった!エレベーターを降りてのれんをくぐったら、いつものテーブルがお寿司屋さんのカウンター風に。

席について「マグロください!」「タマゴください!」オーダして出てくるのはお皿に乗った紙粘土のシャリとネタ、たまに黒くて薄い紙。そう、ここは自分でつくる一風かわったお寿司屋さんなのです。

おすしはごちそう。家族みんなの分も作らないと!こどもたちはせっせと職人のように作り続けました。

 

 

 

次の週には、自分でつくったお寿司に色を塗り、ツヤも出してみました。みるみるおいしそうな仕上がりに!

夜中に帰ってきたお父さん、まちがって食べちゃうかもね!

さいごはちゃんと、自分でつくったお金でおすしの代金をお支払い。おつりの出ないようぴったりと用意できたかな?