レポート

カントリー

2018.07

▶ロードアートカントリーのイラストは、出口先生がアクリル絵の具で描いたもの。この絵を大きなポスターにして、キッズ・ジュニア・ラボの授業で絵画作品のベースとして使いました。4歳から17歳のこどもたちのバリエーション豊かな作品が誕生!

 

【キッズコース】
ベースのポスターに、それぞれカントリーに登場してほしい動物、人々、植物、くだものなどをクレヨンやペンを使ってひとつずつ描き加えていきました。

住んでみたいカントリーを想像しながら、「くまさん!」「りんごもほしい」「山の上におうちがあるといいな」「おはなばたけもいいなあ」…

クレヨンが鮮やかに映えるようにしっかり強めに色を塗るのがポイント。

 

【ジュニアコース】

田植えをする人、散歩している人、ピクニックをしている人……カントリーの絵の中の人びとはどんなことをしているポーズが似合うかな?

カントリーの絵の制作前に、北斎の『雀踊り図』という作品を模写して、ポーズ描写のトレーニングをしました。踊っている活動的なポーズをひたすら描く!それにしてもこんなに上手に、躍動的な表現ができる北斎はすごい。漫画が大好きなこどもたちも多く、「ひえ〜たいへん」と言いつつ、リスペクトをもって制作。

その後のポスター制作では、活き活きとした人々がたくさん登場しました。おうちに帰ってからも制作の勢いが止まらず!?いろんなポーズの絵を描いてた子もいるようです。

 

【アートラボ】
時間・季節・空気感を、アクリル絵の具の色・タッチで表現しました。構図は変わらなくても、全体感のつくり方で絵の雰囲気はいかようにも変化する。あらためて表現の面白さを感じる制作でした。

ふわふわとした雪の質感や、夕日を浴びた時のあのあたたかさなどが感じられるよう。それぞれの作品が絵本の1ページみたい!季節感のある作品をピックアップしムービーにまとめてみました。静かに移り変わる風景はカントリーのムード満点です。