2022.9 ポスター

ポスター①

つつつつ くるっくるっ
しゃかしゃか すいすい
いろんな線の いろんなリズム。

ジャン・コクトーの
ドローイングにキッズが挑戦。
さまざまな色・形の線を
目と手でたどっていこう。
「見る」面白さに触れる制作でした。

プロセス

  • いろんな形の線を描く

    スポーツの準備運動みたいに、制作前にも手や頭をやわらかくしよう。いろんな線のドローイングからスタートしました。見た形を真似して描く、ひとつの形を繰り返す…ある程度の量をこなすこと自体も、キッズには挑戦です!

  • アーティストを知る

    詩人、画家、小説家、劇作家、映画監督…幅広いアートの分野で活躍した、フランス生まれの作家ジャン・コクトーさんをみんなに紹介しました。

  • コクトーさんの絵をみる

    コクトーさんが描いたドローイング作品が今回のモチーフです。人物の横顔や動物のイラストと、物語や詩のタイトル・文章などが組み合わさっている特徴的な作品がたくさん。

  • 好きな作品を選ぶ

    こどもたちは「かわいい」「これがかっこいい」と、描きたい作品をそれぞれ選びました。

  • 線を目で追う

    最初のトレーニングで、いろんな線をみたり描いたりするポイントを身体的につかんでいたこどもたち。慎重に、でもしっかりとした線を少しずつ描き始めました。

  • すごい!

    コクトーさんの絵にある、いろんな線の形。よく見ながら、少しのゆがみやくねくね具合もその通りに追っていく。見ているものと描いている手がしっかりつながっているこどもたちの様子に、先生たちもびっくり。とてもかっこいいドローイング作品ができました。

ポスター②

自分が見たもの、感じたものを
ダイレクトに描く力。
絵画制作の上で、
キッズはおとな顔負けの
表現をすることが多々あります。

そんなみんなにぴったりの
インパクトたっぷりのモチーフ、
名作映画のポスター!
2週かけて大作を仕上げよう。

プロセス

  • 映画を見る

    教室をちょっと暗くしてプチ映画館を開催。キッズのみんなにおすすめの映画をトレイラー版で紹介しました。何十年も前に上映された映画ですが、「これ知ってる!」「もっと見たいよ」「やったー!」中には盛り上がって拍手が起こったものも。でも怖い映画はちょっとドキドキ…

  • 映画のポスターを見る

    今回チョイスした映画は、ポスターもまた名作揃い!現在でもインテリア等として販売されているほど人気なようです。気に入った映画のポスターをみんなそれぞれひとつ選びました。今回はこのポスター(グラフィック)がモチーフです。

  • どうやって描こう?

    嬉しそうな子もいる反面、「これを描くの!?」「かけるかなあ」「たいへんそう…」心配そうな子たちも。いろんな文字や形が見えてかなり複雑に見えるようです。さてどこからはじめよう?ポイントを伝えるため、身近なものを単純化したイラストでクイズを出してみました。これはなんでしょう?

  • シンプルな色・形に注目する

    クイズとして楽しんでものを見るうちに、シンプルな色や形の見つけ方に慣れてくる子が少しずつ増えてきました。では、同じように自分が選んだポスターの中にある色や形はどんなもの?

  • 大きな紙を色で埋める

    見えてきた色を、大きな紙に絵の具でダイレクトに塗りました。絵の具たっぷり、大きな筆につけて塗る気持ちよさを楽しみながら、紙一面を色で塗りつぶします。

  • 必要な色を塗る

    小さな子は自分の力で塗るだけでもひと仕事。高学年の子は絵の具を伸ばしてすぐ乾くように塗るのも上手でした。一面に色を塗った後にさらに必要な色を重ねて、なんだか抽象画のような大きな色面ができました。

  • 次回に主役を描きこもう

    色面ができて「はやくつづきをしたい」「描けそう!」と気持ちが盛り上がってきたみんな。タイトルロゴなどの文字やイラストなどを描きこむ次回の制作がとても楽しみになった様子でした。