2021.10 オトンヌ

オトンヌ①

ぎゅっとぬりつぶせ!
えんぴつだけを使って
大きな紙をすみからすみまで
しっかり塗りつぶし。
シンプルな行為が、じわじわと面白い。

真っ黒でピカピカ光る鉛筆の質感で、
お迎えのお母さんやお父さんも「すごい!」
びっくりの出来栄えになりました。

プロセス

  • えんぴつが主役

    画材の使い方の幅を広げてみよう。文字を書いたり、線で描くドローイングにとても便利なえんぴつ。実は塗りつぶした時の色味もとても綺麗なのです。今回描くモチーフは、黒ければ黒いほど新鮮な「あきの果実」。黒いほど新鮮ならば……みんなで紙を真っ黒にしてみよう!

  • 鉛筆で塗り込む

    すごい勢いではじまった制作でした。最初にがんばりすぎて途中で「もうだめだ…」という子も「一緒に塗ろうか?」という子とペアになったり、だんだんとちょうどいい力加減のコツを掴んだり、教室はしばらく、えんぴつを塗るゴリゴリ、サラサラ、という音だけの状態に。

  • 紙をしっかり黒くする

    「いやいやまだまだ!」「もっと黒くできる」疲れるどころか、どんどん燃えていく子も!? 塗った画面に迫力が出てきました。シンプルな「塗りつぶし」にはこどもたちが没頭してしまう何かがあるみたい!?

  • なすびの絵にする

    秋の果実はなすびでした。「だいすき!」「やったー!」の声が多かったですが中には「味がにがてー!」な子もいましたね。つやつやピカピカなすびと、みんなの塗った紙のテカテカ具合がそっくり!

  • なすびの形を切り出す

    大きな紙をたっぷり使い、大きななすびの絵になるように切り抜きました。実と同じく、黒っぽいヘタの部分は、切り抜いた画用紙のあまりを大事に使って別パーツで制作。

  • 反射光や色を調整してみる

    ジュニアやラボでも使っている「練りゴム」でちょっぴりオトナ仕上げ。ピカっとした部分や、ヘタに隠れたちょっと色がうすい部分などにチョンチョンと練りゴムを当ててえんぴつの粉を取ると…雰囲気満点!

  • 紙に貼って完成

    白い画用紙になすびの形を貼ってみると、なすびの黒が引き立ってかっこいい。お迎えに来た親御さんからも「うわあ、すごい!」「いいねえ」と声をかけられていました。ちょっぴり苦手だった子も「今日だけはなすびが食べたい!」その日の食卓に登場したかも?