2022.9 アトリエ

アトリエ①

アーティストが
作品を生み出す場所"アトリエ"。

アート作品そのものがもつ雰囲気、
イマジネーション、
今に残された記録をもとに
ミニチュアで表現してみよう。

ひとりの作家をセレクトして、
アート作品を実寸の1/10サイズで
模写するところから始まりました。

プロセス

  • 作家を選ぶ

    一押しのアーティストはいるかな?とラボのみんなに聞いてみました。即「お気に入りはあの作家!」と答える子もいれば「なんだっけなあ」と悩み始める子も。資料を手がかりにしながら作家をひとりセレクトしました。

  • 作家の作品を模写する

    まずは作家のアートをじっくり観察するため、模写をしました。今回は1/10スケールでのミニチュア制作をするので作品もリアルサイズの1/10。実寸の感覚がなかった作品は「こんなにでかいんだ」「小さい!」とそれぞれ発見が。

  • 制作順序と画材選択

    小さい紙に描くことは、新たな制作チャレンジでもありました。細部の色や質感も再現するため、ちょうどいい特性をもつ画材を選んだり、先にどこの色から塗っていくかなどを考えながら制作。工夫そのものを楽しんでいる様子でした。

  • 作家に関する情報集め

    模写ができた子から、セレクトした作家についてのイメージ等をメモしていきます。できるだけリアルに基づく造形ができるよう、作家、時代背景に関する情報もネット検索や文献から集めました。

  • 何がありそう?

    作家のアート作品からイメージするものや、検索していく中で見つけたエピソードや資料から、どんなところに住んでいて、どんなものを使っていたかのイメージを膨らませていきます。いわゆる妄想力も大事!?

  • アトリエの色や柄は…

    今回は内装をメインに作るので、壁や床には作家らしい色合いを…と考えるのも楽しい制作。作家が生きていた国の風土や時代の流行・様式もリアルさをもたせる大事なヒント。

  • 次回から制作開始

    情報と想像を織り交ぜながら人物像を作り上げていき、いろんなアイデアが出てきたところで制作終了。次回から造形制作が始まりますが、作りたいものがなんだかたくさんありそうなラボのみんな。楽しみです。

アトリエ②

「すっきり整頓された空間に居そう」
「絵の具がいろんな所についてそう」
「内装や家具にこだわっていそう」…

ラボのみんなが思い浮かべる
作家像はいかに?

壁、床材、什器などの
パーツを作りながら、
さらに想像を膨らませていきました。

プロセス

  • 壁、床の質感を作る

    制作サイズはみんな30×30×30cm。その空間の中に作家のアトリエを構築していきます。壁や床の質感は、それぞれ自分が想像する雰囲気やテイストに合わせて作る必要があります。

  • 木、コンクリ、タイル…

    使う素材・技法はどんなものがいいだろう?アクリル絵の具で色、塗り方に変化をつけたり、さらに粉素材を混ぜてザラザラ感を出したり、木や布など素材を並べて表現したりと、さっそくいろんな工夫が。

  • アトリエ空間を作る

    部屋の形に組み立ててみると、すでにアトリエごとの雰囲気の違いが出てきました。作り込むほどリアルになっていくのがミニチュア制作の面白さ。みんなの制作に勢いがありました。

  • 什器を作る

    アトリエの中にありそうな、イーゼル、机や椅子などの什器も一から手作りしました。素材選びからカットの方法、接着する方法なども含めて、ある程度自分で選択・実践できるラボならではの制作です。作りたいものがいっぱいあるので、みんなとにかく手が早い!

  • 次回、細部の表現へ

    雰囲気が高まってきて、もうすでに面白い作品に!でも、ここからがラボの真骨頂!? 記録や写真などには残っていないような作家性をイメージしてみよう。