おしらせ

トルネード×たべるとくらしの研究所  つくるのねっこ

絵をかいたり、工作したりする「つくる」と
野菜を育てたり、料理したりする「つくる」。
アートと農業、ちがって見える世界でも、
「つくる」のねっこは、つながっているのかも?
春・夏・秋・冬、たのしくおいしく。
体全体で感じて表現する共同授業を開催します。

「つくるのねっこ」は、こどもとおとなが参加する、
年間を通した活動を予定しています。
*季節ごとに活動のお知らせをします。どの回からも参加可能です。
*トルネード会員・非会員をとわず、どなたでも参加できます。

 

トルネードに、おもしろい活動をしている安齋さん親子が通っています。
「たべるとくらしの研究所」という、営んでいるお店の名前からふしぎ。
はたけをつくる。やさいをつくる。おみせをつくる。料理をつくる…。
たべるとくらしを、ねっこから考えてつくっている。
しごととくらしが分かれているのではなく、ひとつになっている。
安齋さんの家族といっしょに、なにかをすると、未知のなにかが生まれるかも!
一年を通してするチャレンジングな活動の第一回目のテーマは「しこむ」です。

 

476″ />

 

2018年4月30日(月・祝)

①午前の回 10:00 – 12:30

②午後の回 14:00 – 16:30

場所:トルネードの教室
対象:4歳年中〜おとなまで

*小学生3年生以下のこどもは、保護者の方と一緒にお申込みください。

参加費:お一人2,160円 (tax in)
定員:各回30名

●ご家族での参加がおすすめです。
●トルネードの会員・非会員いずれも参加することができます。
*天候により、まき割りが中止になる可能性もあります。ご了承ください。
*申込は先着順です。定員になり次第キャンセル待ちとしてご希望を伺います。
*当日のもちもの等の詳細は、参加確定後のメールにてお知らせします。
*会員の方は参加費を4月末までに教室カウンターにてお納めください。(現金のみのお取扱いです)
*当日の参加キャンセルは、材料・記念作品等の提供をもって参加に代えさせていただきます。

参加申込方法

4/11(水) 12:00〜 受付開始

▶ご参加申込フォーム
*どちらの回も満席になりました
以降はキャンセル待ちご希望のお申込みを受付します

たべるとくらしの研究所
札幌市中央区南9条西11丁目3-12

2011年にオープンしたギャラリー&カフェ。調理するための食材を畑で育るところから、その食材を調理し提供するところまで、店主の安齋夫妻が中心になって活動中。月ごとのメニューは、その時の旬のものや大切に保存しねかせた食材がさまざまな味や食感に調理されて登場します。
▶ウェブサイト

安斎 伸也さん
たべるとくらしの研究所理事長。福島にある「あんざい果樹園」の4代目。現在札幌で田畑を耕しながら、「たべるとくらしの研究所」を営む。一男一女の父。

安斎 明子さん
たべるとくらしの研究所副理事長。畑担当の理事長が作った野菜たちにたっぷり手間暇をかけ、一切の無駄を出さずに絶妙な味を引き出す料理人。