レポート

カテゴリー: ジュニア

かぜとかみなり

2018.01

風や雨を巻き起こす風の神さまと、稲妻を落とす雷の神さま。なんだかトルネードっぽいテーマだなと思いますが、古くから多くの画家によって様々な『風神雷神図』が描かれてきました。最近では某美術関連のテレビ番組を通してこどもたちにもおなじみの様子で「知ってるよ!」「風神と雷神がデートするんだよね」なんて声が多数。せっかくの機会なのでさらに作品の見方を深めてみようと思い、この授業では先生たちが実物大の屏風のサンプルを用意して、こどもたちと鑑賞しました。

 

『風神雷神図屏風』 俵屋宗達(1570頃ー1630頃)
江戸時代、京都の寺の再建時に寄贈されたという作品。現在は京都国立博物館に寄贈されています。描かれている風神・雷神の目線は、鑑賞者の視線を風神→雷神→屏風の前にすわる人物、と誘導するよう工夫されているそう。屏風の前に座って見上げると……すごい迫力!

テレビや画集では一枚の平らな絵として認識しがちですが、これは屏風絵なので、正しくは画面を折り曲げて、床に座って見ることを前提に描かれた作品です。実際に屏風の前に座ってみると……金色の大画面に包まれて、目には見えない風が吹いているかのような不思議な体験をすることができます。画面の外側にまで音や空気が流れていきそうな勢いもあり、画面の構成のすごさに圧倒されます。琳派の絵師をはじめ、たくさんの模写作品が存在するというのもうなずけますが、「やっぱり(俵屋)宗達すごいなあ」というのが多くのこどもたちの感想でした。そんなふうに日本画の渋さやおもしろさがわかる小学生たちも、けっこうすごいと思うぞ……。

お楽しみの模写の制作は、ミニサイズの屏風のベースづくりからスタート。4枚の板を2枚ずつセットになるように蝶番でつなぎ合わせました。蝶番は紙製でごくシンプルなものですが、ほぼ360°開閉できる伝統的なしくみを紹介。地味な技術ながらも「おお〜!」と感心の声があがります。

本物の屏風と同様に、屏風の裏面を『唐紙風』に仕上げるため、各自オリジナルのスタンプでもようをつけて、屏風ベースができました。

翌週は金箔風の極薄の紙をひたすら画面に貼りつける作業。はじめはスムーズに思えましたが……やれどやれども果てしない!

こどもたちの工夫の見せ所!「この列を先に貼るとまちがわない」「粘着面を先に準備しておく」「わざと2mmくらい重ねるときれいに見える!」驚くほど作業スピードが早くなり仕上がりも良くなっていくこどもたち。「意外とたのしい」「もっとやったらうまくなりそう」ツボにはまる子も。全員、見事に金箔風の画面が完成しました。

3週目になり、やっと風神・雷神の描写に。絵の具やペンを使って、それぞれ細かな部分までできるだけそっくりに仕上げていきました。

たくさんの工程を積み上げ、かなり作りごたえのある制作でした。あたまから湯気でてた!?

ようこそかみさま

2017.12

年末最後のジュニアコースでは、新年を迎えるためのしめ縄を制作しました。

しんけんに稲わらを選り分けるこどもたち。素材はシンプルですが制作は複合的。

足でわらを押さえ、3つに分けた束をそれぞれねじり上げ、それをキープしつつさらに束と束をねじり、向きの確認、ねじる力の具合も常にチェック……ふたり一組で息をあわせて!

ピタリと条件があうと、とても美しい縄目が表れます。かっこいい!

飾り付けもみんなそれぞれこだわりまくり、大事にお持ち帰り。「よいおとしを〜」

 

えいえんの輪

2017.12

 

クリスマスリースのかたちには「永遠」という意味も含まれているそうです。ぐるりとつながるデザインを考えて、紙のリースを作りました。カッター作業は手加減にコツが入ります。何度も繰り返し形を切ることによって、いいトレーニングになったかな?

   

まる・さんかく・しかく

2017.12

12月1週目のプログラムでは、大塚いちおさんの絵本『かたちのえほん』をテーマに制作を実施。キッズコース・ジュニアコース・アートラボのこどもたちが、それぞれえらんだ「まる・さんかく・しかく」のものをデッサンしました。

キッズコースのこどもたちは、教室で「まる・さんかく・しかく」のもの探しでひと盛り上がり。自分の描きたいモチーフを選んだら、絵の具で一気に描き上げました。ものの印象をダイレクトにとらえた表現がいいね。影や光沢感まできちんと観察して描き込んだ子も。いちおさんの影響!?

ジュニアコースでは、コンセント、スイッチ、ドア、エレベーターのボタン等、教室の中の普段描かないようなものをモチーフにしていた子もいました。微妙な色味なども絵の具を調整して表現することで、ペインティング作品としてすごくかっこいい仕上がりに。絵の具の扱いがとても上手になってきたね。

アートラボの子たちが選んだモチーフは、好きな作家の本、乗り物好きな子はバス、ファッション系アイテム、フィルムカメラ……それぞれの気になるものや好みが強く出ていました。そのせいか、細部までこだわりのある作品に。「この時間内で描ききれるかな?」というものも、なんとか工夫して仕上げていました。

今回制作した作品は、いちおさんの絵本よりもひとまわり大きい、トルネード版『かたちのえほん』として3冊にまとめ、翌月の1月8日(月・祝)〜27日(土)に開催された『大塚いちお原画展○△□』の会場(場所:D&DEPARTMENT HOKKAIDOの2Fギャラリー)にて、いちおさんの作品と同じ空間に展示させていただきました。

訪れた人たちが、いちおさんの原画とともにこの絵本作品も楽しんでいたようです。展示後は、トルネードの教室でいつでも閲覧できるようにする予定なので、あらためて教室でもじっくりご覧ください。

なまりの色

2017.10

「お、おいしそう…」10月最後のジュニアコースでは大粒の巨峰をデッサン。えんぴつの使い方、塗り込みの濃さの違いだけで、ころんとした粒のさわり心地や味まで伝わってきそう!

シンプルな画材ですが、ひと粒ずつよく観察して描くことで表現が広がっていく体験ができておもしろかったようです。

ジュゼッペさん

2017.09

16世紀、後期ルネサンスの時代に活躍したジュゼッペ・アルチンボルドは、果物や野菜を組み合わせた特異な作品で知られるイタリア出身の画家です。まるでパズルのように様々なモチーフを組み合わせて巧みに肖像画を描き上げた彼の作風は、静物画と人物画両方の要素をもち、現在も多くの人たちを魅了しています。ダ・ヴィンチをはじめとするルネサンスの画家に大いに影響を受けたというアルチンボルド。作品を拡大してみると、その精密な描写はまさに圧巻です。9月のジュニアコースではこの天才画家・アルチンボルドをテーマに授業を展開しました。

ジュゼッペ・アルチンボルド (1526ー1593)
イタリア・ミラノで画家の息子として生まれる。若い時期のミラノでの活躍後、ウィーンのフェルディナント1世の宮廷画家となり、画業以外にも宮廷内の装飾や衣装のデザイン、さらに祝典等の企画や地域の土木事業の計画など多彩な方面で活躍。画家としての代表作は春・夏・秋・冬、それぞれの季節のものを組み合わせ人物像として表現したシリーズ作品「四季」など。

まずクラスのともだちの横顔を描く制作では、目鼻口などわかりやすい部分ではなく、その周りのふくらみやへこみに注目。パステルで明暗を描き分けながら形の変化を探していきました。

パステルの粉を紙にたっぷりとのせて描いていくと「ふくらんだ!」「へこんでみえる!」まるで本物の肌のような存在感も出てきます。まぶたや頬など、今まではあまり意識して描いたことがないんじゃない?という部分まで、ていねいに描き進めていきました。

さらに翌週は、コラージュでアルチンボルド風の自画像にチャレンジ。前週の制作をふまえ、頭部のふくらみ/へこみと、ひとつひとつのモチーフがもつ立体感が合体するように組み合わせていくと……なんとすばらしい仕上がりに!バリエーション豊かでおもしろい。見応えのある作品がずらりと並びました。

トルネード!

2017.08

キッズコース・ジュニアコースの、トルネード初の授業は「トルネード!」

キッズの制作は、グルグルいきおい満点だったり、くるんくるんとかわいいトルネード風の『スクリーブル(小さなこどもが描くぐるぐる描きのこと)Tシャツ』に仕上がりました。

紙に描くよりも、布に描くことはとてもむずかしい!伸びたり縮んだりとにかくやわらかい。中に型紙をいれて布をピンと張らせてから、力強く描きました。かわいいぞ!

ジュニアコースは、「あかるいトルネード」「たのしげなトルネード」「きれいなトルネード」など、それぞれこどもたちお好みのイメージを、色とかたちで表現。『トルネードデザインTシャツ』に仕上げました。

みんなで制作ユニフォームにしよう!

 

 |