レポート

カテゴリー: キッズ

カントリー

2018.07

▶ロードアートカントリーのイラストは、出口先生がアクリル絵の具で描いたもの。この絵を大きなポスターにして、キッズ・ジュニア・ラボの授業で絵画作品のベースとして使いました。4歳から17歳のこどもたちのバリエーション豊かな作品が誕生!

 

【キッズコース】
ベースのポスターに、それぞれカントリーに登場してほしい動物、人々、植物、くだものなどをクレヨンやペンを使ってひとつずつ描き加えていきました。

住んでみたいカントリーを想像しながら、「くまさん!」「りんごもほしい」「山の上におうちがあるといいな」「おはなばたけもいいなあ」…

クレヨンが鮮やかに映えるようにしっかり強めに色を塗るのがポイント。

 

【ジュニアコース】

田植えをする人、散歩している人、ピクニックをしている人……カントリーの絵の中の人びとはどんなことをしているポーズが似合うかな?

カントリーの絵の制作前に、北斎の『雀踊り図』という作品を模写して、ポーズ描写のトレーニングをしました。踊っている活動的なポーズをひたすら描く!それにしてもこんなに上手に、躍動的な表現ができる北斎はすごい。漫画が大好きなこどもたちも多く、「ひえ〜たいへん」と言いつつ、リスペクトをもって制作。

その後のポスター制作では、活き活きとした人々がたくさん登場しました。おうちに帰ってからも制作の勢いが止まらず!?いろんなポーズの絵を描いてた子もいるようです。

 

【アートラボ】
時間・季節・空気感を、アクリル絵の具の色・タッチで表現しました。構図は変わらなくても、全体感のつくり方で絵の雰囲気はいかようにも変化する。あらためて表現の面白さを感じる制作でした。

ふわふわとした雪の質感や、夕日を浴びた時のあのあたたかさなどが感じられるよう。それぞれの作品が絵本の1ページみたい!季節感のある作品をピックアップしムービーにまとめてみました。静かに移り変わる風景はカントリーのムード満点です。

とぶバター

2018.05

ひらひらと舞うちょうちょのモビールを制作しました。

1週目にいろんなオリジナルのちょうちょを制作。ちょうちょの羽根の美しさが出るように、ペンや色鉛筆で繊細に、羽根の色や模様を工夫をしていました。

 

2週目は、ちょうちょをふわりと飛ばすためのしくみづくり。小枝をまずは春らしい色にペイントしました。

それから前回作ったちょうちょの紙を、はさみで丁寧にぐるりとカット。これだけで、もう本物のように見えてうれしい!

 

 

最後の仕上げに、、ちょうちょの身体の部分と糸のしくみをつくります。手先の細かい作業が続きますが、みんな根気強い。

糸を、ペイントした枝にかけて、完成へ。真剣です!

仕上げにちょうちょの羽根のバランスを調節すると、ひらひらとまるで本当に飛んでいるかのような仕上がりに。ちょうちょを新たに増やして、付け替えることもできるのでおうちでも楽しんでみてね。

へいラッシャイ!

2018.03

教室に来てみたら、あれれ?トルネードがお寿司屋さんになっちゃった!エレベーターを降りてのれんをくぐったら、いつものテーブルがお寿司屋さんのカウンター風に。

席について「マグロください!」「タマゴください!」オーダして出てくるのはお皿に乗った紙粘土のシャリとネタ、たまに黒くて薄い紙。そう、ここは自分でつくる一風かわったお寿司屋さんなのです。

おすしはごちそう。家族みんなの分も作らないと!こどもたちはせっせと職人のように作り続けました。

 

 

 

次の週には、自分でつくったお寿司に色を塗り、ツヤも出してみました。みるみるおいしそうな仕上がりに!

夜中に帰ってきたお父さん、まちがって食べちゃうかもね!

さいごはちゃんと、自分でつくったお金でおすしの代金をお支払い。おつりの出ないようぴったりと用意できたかな?

ホームズ

2018.01

マイホーム風・ティッシュボックスをつくる工作のプログラム。本体はの素材はすべて木の板。接着はボンドのみ!くずれないように丁寧に、塗る量に気をつけながら進めました。

翌週の制作は、みんな楽しみにしていたデコレーション仕上げ!けど作業量は大工さんなみ!?

マイホーム完成に向け、コツコツ地道な作業を頑張りました。

えんとつから出るティッシュが、モクモクけむり風でいい感じでしょ!

 

 

うろこちゃん

2018.01

さかなのデッサンにチャレンジしました。ほんものの魚を前に、こどもたちはまず「おいしそう!」でも間近でじっと見ていると…「光ってる」「つやつや?」「色がきれい」「ここにもうろこがあるの!?」発見がどんどん出てきて面白くなってきた。

描線でしっかりうろこを描いたあとは、「透明水彩絵具」で色をのせました。

制作は波にのり、名作が誕生!歌川広重の浮世絵シリーズ『さかなづくし』風に仕上げ、迫力も満点です。

トップスター

2017.12


おおきなツリー!
さんかく型の木の板が、
マスキングテープ+ペイントの技法で
オリジナルツリーに変身。

マスキングテープは今人気のアイテム。「もってる!みずたまの」「デコるやつでしょ」でも今回つかうマスキングテープは白一色。

マスキングテープをつかってツリーのもよう作りをしました。貼り方次第でいろんな模様にできるので、こどもたちはだんだん夢中に。それぞれ工夫しはじめ、いろんな柄を生み出していました。

テープの上からペイントする絵の具は、べったり厚くぬらずにうすく、まんべんなく、隅から隅までうつくしく。それはなんでかというと……「テープをはがしてみたい!」一刻も早く、仕上がりが見たくてたまらない。

「なってるなってる」はがすのが気持ちいい!

仕上げに手作りオーナメントで飾り付けしました。トップスターも忘れずに。クリスマスにはお家で飾ってもらったかな?

まる・さんかく・しかく

2017.12

12月1週目のプログラムでは、大塚いちおさんの絵本『かたちのえほん』をテーマに制作を実施。キッズコース・ジュニアコース・アートラボのこどもたちが、それぞれえらんだ「まる・さんかく・しかく」のものをデッサンしました。

キッズコースのこどもたちは、教室で「まる・さんかく・しかく」のもの探しでひと盛り上がり。自分の描きたいモチーフを選んだら、絵の具で一気に描き上げました。ものの印象をダイレクトにとらえた表現がいいね。影や光沢感まできちんと観察して描き込んだ子も。いちおさんの影響!?

ジュニアコースでは、コンセント、スイッチ、ドア、エレベーターのボタン等、教室の中の普段描かないようなものをモチーフにしていた子もいました。微妙な色味なども絵の具を調整して表現することで、ペインティング作品としてすごくかっこいい仕上がりに。絵の具の扱いがとても上手になってきたね。

アートラボの子たちが選んだモチーフは、好きな作家の本、乗り物好きな子はバス、ファッション系アイテム、フィルムカメラ……それぞれの気になるものや好みが強く出ていました。そのせいか、細部までこだわりのある作品に。「この時間内で描ききれるかな?」というものも、なんとか工夫して仕上げていました。

今回制作した作品は、いちおさんの絵本よりもひとまわり大きい、トルネード版『かたちのえほん』として3冊にまとめ、翌月の1月8日(月・祝)〜27日(土)に開催された『大塚いちお原画展○△□』の会場(場所:D&DEPARTMENT HOKKAIDOの2Fギャラリー)にて、いちおさんの作品と同じ空間に展示させていただきました。

訪れた人たちが、いちおさんの原画とともにこの絵本作品も楽しんでいたようです。展示後は、トルネードの教室でいつでも閲覧できるようにする予定なので、あらためて教室でもじっくりご覧ください。

へんしん!

2017.11

おめんをつけて、おはなしの世界のいきものに変身!先生たちがつくった『ラッキー王国』のストーリー。どんないきものが住んでる?どんなラッキーなことが起きる?想像するだけでワクワクが止まらない。3週つづけてどのクラスもハイテンション。こどもたちのエネルギー満点な制作になりました。

授業のはじめに、こどもたちにお話した『ラッキー王国』。ラッキー王国のいろんな登場人物たちは、いやなことがあっても、こまったことがあっても、さいごにはかならずラッキーなことがおこる……

「いいなー」「ラッキー王国いきたい!」という声のほかにも「まいにちラッキーだったらあきるんじゃない?」「いまのせかいのほうがいい!たまにあったほうがもっとラッキーなきがする」という意見も。

1週目は、おはなしを聞いて、まずはキャラクター設定から。どのクラスでもこどもたちの想像が止まらない。人、動物、ラッキー王国にしかいない不思議な存在……キャラが大量に誕生!

翌週はおめんのベースづくりをしました。張り子の技法をで、風船にひたすら紙を貼り重ねます。根気がいるのに驚くほどみんなていねい。

最終週、乾いたおめんは固くて丈夫に!様々な質感の紙や布などの中から自分のキャラに合う素材を選んで仕上げの制作。

最後は名前やポーズを決めて、カメラの前で「変身!」こどもたちそれぞれのキャラクター名や設定のバリエーションがおもしろい!

    

きょだいなからだ

2017.08

いろんな「あお」を作って、クラスのみんなで大きな絵を描きました。「あお」とひとことでいっても、水色、紺色、うす水色、あおみどり……たくさんのあおがあります。めざせ100色!?

キッズのみんなは、絵の具のいろんな色を、何度も自分で混ぜてみることで、様々な青ができることを体感しました。もし青じゃない色になってしまったら?「…あおをふやしてバランスをとらないと」色の調合のコツもわかってきた様子。

完成した色んな青を、白い大きな布に塗り広げていきます。これだけ大きいと、身体のどこかに青がついちゃうかも!身体を大きくつかう制作はキッズにとってそれだけでもとても面白く刺激になるようです。楽しみながらも、なるべく汚さないよう気をつけていくことも制作の中で覚えていきます。

色んな青の集まりがすごくきれい! 

みんなで完成させたのは「くじら」。
8月のあつい時期ですが、あおの効果で?教室がなんだか涼しげ!

トルネード!

2017.08

キッズコース・ジュニアコースの、トルネード初の授業は「トルネード!」

キッズの制作は、グルグルいきおい満点だったり、くるんくるんとかわいいトルネード風の『スクリーブル(小さなこどもが描くぐるぐる描きのこと)Tシャツ』に仕上がりました。

紙に描くよりも、布に描くことはとてもむずかしい!伸びたり縮んだりとにかくやわらかい。中に型紙をいれて布をピンと張らせてから、力強く描きました。かわいいぞ!

ジュニアコースは、「あかるいトルネード」「たのしげなトルネード」「きれいなトルネード」など、それぞれこどもたちお好みのイメージを、色とかたちで表現。『トルネードデザインTシャツ』に仕上げました。

みんなで制作ユニフォームにしよう!

 

 |